ステータスにはならない車離れ

車といえばかつては人々のステータスシンボルでしたが、今はその意識が低下してきたようです。 特に若者の間では、車はステータスではないと見る人も増えているようで、いわゆる車離れも進んでいるといわれています。 なぜこのような状況になったのでしょうか? 車は依然として便利な乗り物ですし、所有しておけば生活に役に立つものです。 それに車を持っておけば周囲から尊敬されることもあるかもしれません。 それなのに車離れが進んでるというのは、どこに理由があるのでしょうか。 一つ考えられていることは、若者の興味と関心の対象が、車ではなくゲームやアニメに移っていることです。 もっといえば、それを提供するインターネット、スマートフォンなどの媒体に意識が帰属するようになっていることです。 こうした状況の中で、決して車がステータスシンボルではないということではなくて、相対的に関心が下がってきたと考えられます。 車のもつ利便性や魅力以上に、ゲームやアニメのほうが楽しいと感じていることが、車離れを加速させているといえるでしょう。 スマートフォン人気が高いのはよく知られていることですが、それを通じてアニメやゲームなどのコンテンツが豊富に提供される環境が今後ますます増えれば、それに伴ってどんどん車離れが進む可能性もあります。 一方で、若者が車への関心を失う理由には経済的な事情もあります。 今は決して裕福な経済事情にはないので、高いランニングコストを要するものを所有できないという事情があるのです。 それに対して、スマートフォンなら比較的安いコストで高い利便性と娯楽的な楽しみを得ることができますから、やはり相対的にこちらのほうに人気と関心が移ってしまうわけです。 そしてステータスについても、車を所有するよりもスマートフォンを自在に操作できるほうがステータスが高いと感じる若者が増えているのです。 若者が車から離れていくは池には、このような事情があります。

軽自動車を考える

販売台数を延ばせている理由は
男も軽を選ぶ時代だから
車を持つという事に